ソフトボール ピッチング上達の秘訣

速い球を投げるために意識すべき「ある部分」とは?

速い球を投げようと腕をブンブン振り回していませんか?
じつは腕を振り回しても速い球を投げることはできません。
なぜなら速い球を投げようと腕を早くすると、肩が開いてしまうからです。
肩が開くことなく速い球を投げるには「ある部分」を意識する必要があります。

オリンピックメダリストの増淵まり子さんが、ピッチングのコツを
教えているDVDがありますが、DVDの中で、速い球を投げる際の注意点や
効果的な練習法が紹介されています。ダイジェストはこちら↓



一流選手がふだんどんなことを考えてピッチングに取り組んでいるのか、
それが分かるので、個人練習のときも役に立つはずです。

公式ページでより詳しい内容が紹介されています。
>> 詳細はこちらをクリック


タグキーワード
ソフトボール ピッチングカテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトボール ピッチング上達の秘訣

オリンピックで活躍するほどの選手は
ふだんどんな点に注意しながら練習しているのか。

増淵まり子さんのピッチングメソッドは
単にピッチングの解説だけでなく、
ピッチャーとして欠かせないものの考え方、
トレーニング法を教えてくれます。

内容は大まかに基本編と変化球編に分かれ
初心者でも安心して取り組めるものになっています。

基本編では、たとえば

「腕を回すのに、一番速くする部分はどこか?」
という項目があるのですが、
球を速くするために腕をブンブン振り回しても
効果はないですよね。

速い球を投げるには、コツがあります。

体のどの部分をどんなふうに使えばいいのか。
それためにはどんな練習が必要なのか。

ピッチャーの経験がまだそれほどない選手でも
納得のいく説明なので、自分が取り組むべき課題が
明確になり、その後の練習の質も向上するはずです。

>> 詳細はこちらをクリック

一流選手からピッチングのコツを学んでみませんか。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリンピックメダリストの教え ピッチング・メソッド

ピッチングの方法は100人いれば100通りあってよい。

オリンピックメダリスト・増淵まり子さんの
ピッチング指導はそのような考え方が根底にあります。

増淵まり子さんは中学からソフトボールをはじめ
高校の時、ある恩師との出会いがきっかけでピッチングがグングン上達。
オリンピックの舞台に立てるまでになりました。

増淵投手は現役の時、どんな指導を受けたのでしょうか。

自分のピッチング・スタイルを確立するのに
欠かすことのできない3つのポイントを、増淵投手が
10のステップに分けて解説したDVDがあります。

本や雑誌では学ぶことのできない実戦で役立つピッチングのコツ
初心者の方にもわかりやすく解説されています。

若い選手はちょっとした“コツ”をモノにできれば
実力が飛躍的に伸びていきますよね。

オリンピックメダリストの増淵まり子さんから
直接、ピッチングについて学んでみませんか?


ソフトボール ピッチング上達の秘訣

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © ソフトボール ピッチング上達の秘訣 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。